歌詞

枯れない花

shela

作詞
中原涼
作曲
田辺恵二

軋む気配が溶け ゆらゆら流れて

運ばれる香りが 透き通る頃


薄着になってゆく 肩先を抜け

私を躍らせる 空気を感じる


嗚呼

風に乗った花が

心にはらはらりと舞うように

私も鮮やかに

貴方の無意識に積もってゆきたい


時間は綿毛を付け想いに膨らむ

飛び上がった種子は空に惹かれて


光集め、喜びに弾けたのなら

小さな夢は蕾をつける


嗚呼

貴方に照らされて

貴方の手に温もりを感じて

移りゆく季節に微笑を咲かせる

花で居られるの


嗚呼

はらはらり花弁

枯れること知らずに彩るなら

私も鮮やかに

貴方の心、何処か、消えぬまま居たい


貴方の無意識に積もってゆきたい

提供: うたまっぷ