歌詞

RIP SLYME

作詞
RYO-Z/PES/SU
作曲
PES

どしゃぶりの雨に降られ

ずぶぬれの街 横目に一人たそがれ

ノラ猫たちもご機嫌斜め

黙って待ってなって止むまで

とは言えど涙は降り続く

窓に映る僕は King of 憂鬱

ごみ箱一杯の紙くず

舌打ちしつつ 深く沈む

早く迷路から 逃げ出さないと

このままじゃまた All night long

心はこの空のようにどんより

ちらかりぱなしの部屋が 論より証拠

あーどうしようもないから寝る

夢を見れば閃けるさ

目覚めたらまず窓開ければいい

雨は上がり 虹はかかり


雨上がり 昼下がり 晴れた空に虹がかり

上昇(気流) 上々(気分) もう当分は降らなそう

(×2)


雨上がり 昼下がり 晴れた空に虹がかかり

上昇(上昇)上々(上々)もう当分は降らなそう


本性 むき出しでモーション

語りたくても 君の前でどうしようもなく

ただ 立ち尽くす絵を想像

雨音勢い増す窓の向こう

まどろむ間もなく 選択肢

選び ハートのカードを 洗濯し

洗い流すはずさ この雨

熱だけは冷めない内 照れ隠し

目隠し 外しても何も見えず

最後尾 張り付いた長蛇の列

抜け出し 走り出す君の元へ

濡れた体で 何か求め


One rainy day sing a song and

swinging do it all day long


たどりついた頃に虹がかかる

遥か俺の頭上高く


雨上がり 昼下がり 晴れた空に虹がかり

上昇(気流) 上々(気分) もう当分は降らなそう

(×2)


雨上がり 昼下がり 晴れた空に虹がかかり

上昇(上昇)上々(上々)もう当分は降らなそう


くそっくらえのこの世界 見て見て見ぬふり

何も変わらず変わるよ 見てみ

引きこもって 窓の外を見てみ

雨は降りながらも 遥か遠く晴れてるようで

他者のまなざしの中で自己になる

ひとりじゃないよ With me

青空を彩る想い 遥か遠く必死にものごい

泣けば済むのが 子供の世界

おもちゃが欲しくて しょうがない

ただ、すぐお前を知ってしまった

わがままな目つき

振る舞いや手つきも そう

こんな目にも 遥か空の 姿見ても

晴れて七色の虹が かかるかい?

そうか そうだよ もう一人じゃない


雨上がり 昼下がり 晴れた空に虹がかり

上昇(気流)上々(気分)もう当分は降らなそう

(×2)


雨上がり 昼下がり 晴れた空に虹がかかり

上昇(上昇)上々(上々)もう当分は降らなそう

提供: うたまっぷ