歌詞

SWINGING GENERATION 2003

THE ALFEE

作詞
高見沢俊彦
作曲
高見沢俊彦

放課後のキャンパスであいつと

夢中でギターを覚えたものさ

白い立てカンが眩しかった夏

誰も由由の意味などは知らなかった


忘れてしまうには

眩しすぎる記憶

いくつもの憧れを

置き去りにしたままさ

あの頃に...Oh Yeah


試験休みにバイトをして

兄貴の車借りてあの娘と海へ

流れ星に願いをかけた

誓いの言葉も波がさらってしまった


稚い恋でも 涙の苦さを知る

いくつもの憧れを かかえてた頃


戻りたいとはもう思わないけど

君は今なにを思っているのか


Swinging Generation

それは悲しいほど揺れていて

誰にも答えられない

何処へ転がり続けるのか

Like a rollin' stone


あの頃を今 青春とは呼べない

立ち止まり振り向いても

時は明日を刻む


Teenage Dream いつまでも

追いかけてるのさ...

心はあの夏で 止まったままさ


Swinging Generation

それは悲しいほど揺れていて

誰にも答えられない

何処へ転がり続けるのか


忘れてしまうには

眩しすぎる記憶

いくつもの憧れを

置き去りにしたままさ


Swinging Generation

それは悲しいほど揺れていて

誰にも答えられない

何処へ転がり続けるのか


Swinging Generation

それは悲しいほど揺れていて

誰にも答えられない

何処へ転がり続けるのか


Swinging Generation

それは悲しいほど揺れていて


誰か 答えてくれ!

提供: うたまっぷ