歌詞

Red Clover

白鳥マイカ

作詞
白鳥マイカ
作曲
白鳥マイカ

茜色 海を抜けて染めてゆく

街の音 きしむドアを開けた

ざわめきに慣れすぎた両手は

鉄の風 壊す力も忘れた


ほらそこに見えるでしょう

煙の中で目覚める花が


生まれては消えてゆく

そんな嘘のような世界で

しがみつく腕伸ばしても

ただ愛したい 愛していたい


当てもなく 息を切らして走る

青い芽の飾らぬ微笑さえ

まっすぐに雲間を裂きながら

追いかける 大地の果てまでも


やがて変わるものならば

変わらぬ思いだけ刻むの


生まれては消えてゆく

そんな嘘のような世界で

しがみつく腕伸ばしても

ただ愛したい 愛していたい


疑いも欲望も

何もいらなかった幼い頃と

同じ涙も流せるように

まだ信じたい 信じていたい


生まれては消えてゆく

そんな嘘のような世界で

しがみつく腕伸ばしても

ただ愛したい

愛していたい

提供: うたまっぷ