歌詞

22歳の私

安倍なつみ

作詞
つんく
作曲
つんく

悪くないよ 孤独な時間も

悪くないよ 誰かとはしゃぐ夜も


恋を決めたのも キスしたのも

全部許すのも 自分で決めた


地下鉄は 複雑すぎるわ

迷ったり 乗り継ぎでミスしたり

それでもいつかは たどり着くわ

そう 青春も 同じ たどり着く


Ah 小さい頃に Ah 描いてた

理想の大人とは 違うけど

あの頃よりも 自信がある

22歳の夢に


わかってるよ みんなは違うよ

わかってるよ 兄弟でもそうだよ


だから信じたい 誓いあった

涙の出来事 忘れないよね


太陽は まぶしいけれども

たまには 雲とか 邪魔もされる

それでもまだまだ燃えているね

そう 青春も 同じ 燃えている


Ah 小さい頃に Ah 夢見てた

憧れの都会じゃ もうないよ

だってこの街は 私がいる

22歳の私


Ah 小さい頃に Ah 描いてた

理想の大人とは 違うけど

あの頃よりも 自信がある

22歳の夢に


Ah 小さい頃に Ah 夢見てた

憧れの都会じゃ もうないよ

だってこの街は 私がいる

22歳の私


22歳の私

提供: うたまっぷ