歌詞

愛する君が傍にいれば

岸本早未

作詞
AZUKI 七
作曲
大野愛果

愛する君が傍にいれば

なんて夢をみてたの

別々の道を歩いてる今も


ねぇ 君と僕は似すぎていたね

別れ際さえも


きっと果たせぬ約束など

背負うより「さよなら」だけが

必要なんだと


流れる涙はきっと

忘れる為のpassage


愛する君が傍にいれば

それだけでいいのだと

本気で思ってた気持ち

お互いの過去にして


あの日離した手で僕らは

何をつかむのだろう

今 夢を追う僕の中で

君といた日々が

my driving force


ねぇ未来をみてた僕らいつか

気づいてしまった


そっと揺らいだ君の声は

寄り添う為に泳ぎ

迷いがあったと


優しさなんて曖昧で

ヒトリヒトリvories


愛する君が僕にくれた

強さと孤独抱き

いつか失う痛みさえも

守る力に変え


争い続くこの世界で

何を想えるのだろう

僕ら一人の哀しみさえ

今は消せずに彷徨うよ


愛する君が傍にいれば

なんて夢をみてたの

別々の道を選ぶこと

決めたあの時から


愛する君が傍にいれば

それだけでいいのだと

本気で思っていた気持ち

お互いの過去にして


あの日離した手で僕らは

何をつかむのだろう

今夢を追う僕の中で

君といた日々が

my driving force

提供: うたまっぷ