歌詞

HANABI ~8月の日~

未来-MIKU-

作詞
高柳恋
作曲
酒井ミキオ

手をつないだらココロがふるえた

まっすぐ視線も合わせられずに

あの夏草のむせ返る匂い

蝉時雨がうるさかった 8月の日


はかなく揺れる陽炎に溶けてくきみが

夢じゃないこと願ったんだ


ぼくたちは生きる意味などわかるほど利口じゃなくて

いつもなにか起こるたびにただとまどうけど

夕立が地面を叩く音でかき消されたきみの

あのひと言 忘れないよ ココロに傷跡みたいに


窓のりこえて夜の公園ヘ

ベンチに隠れて交わしたキスに

目を閉じたこといまも想い出す

逃げたようで悔しかった 夏の終わり


ずっと消えない花火などキレイじゃないと

きみは未来を言い当てたね


さよならが訪れた時 ぼくたちはふたり笑った

見えるものが急にぜんぶ色あせてくから

恋よりも大事なものはきみといたすべての時間

半分ずつ持って行こう 遥かなこの道の先へ


ぼくたちは生きる意味などわかるほど利口じゃなくて

いつもなにか起こるたびにただとまどうけど

夕立が地面を叩く音でかき消されたきみの

あのひと言 忘れないよ ココロに傷跡みたいに

提供: うたまっぷ