歌詞

カゼノネ

Yae

作詞
片岡正博
作曲
谷岡久美

煌く星空は夢の随に

漂ってる私へと語りかける


さざめく風の韻は扉の開く音

いま始まる物語の開く韻


羽ばたく鳥たちも陽を浴び飛んで行く

さあ旅立つ時が来た

迷わずに行け


大丈夫と朝焼けの空は言った


揺らめく心の奥に

隠れては見える

溢れる思い出を抱えて


振り返るな朝焼けの空は言った


はてなき山の向こうに

隠れては見える

かすかな光まで歩いて


はてなき空の向こうに

隠れては見える

確かな未来図を求めて

提供: うたまっぷ