歌詞

最後の海

山崎まさよし

作詞
山崎将義
作曲
山崎将義

電車を乗り継いで君と海に行ったのは

夏も終わりに近づいたいつかの昼下がり


踏切を渡って防波堤がみえてくると

地元の子供達の声と潮騒が聞こえてきた


波間に揺れている銀色の道

遙か向こうの空 鳥が横切ってゆく


あの時君に何か言おうとしてみたんだけれど

わずかな命を焦がしてる蝉の声にじゃまされた


太陽が傾くまで君は波と戯れてた

細い君の後ろ姿をテトラポッドから見てた


仕事終えた船が帰ってゆくよ

子供たちの声もどこかに消えてった


あの時の風景を永遠のフレームにおさめて

僕はただひたすら時が止まることを願ってた


海は何も言わないで 僕達を見守っていた

提供: うたまっぷ