歌詞

オモイスゴシ

山崎まさよし

作詞
山崎将義
作曲
山崎将義

僕はたかが自分のことさえままならないのに

いつもつい君を思いのままにしようとしてる

こんなことだといずれ誰かに出し抜かれそうでドキドキしちゃう


何か特別な約束でもできればいいんだけれど

使い古された言葉じゃなぜかさえなくて

こんな調子じゃいつかは君も愛想つかしてしまうかも


欲張りな夢はいつも心を乱すけれど

今僕が君に出来ることは

多分そんなに難しいことじゃないはず


いつも君との距離を計ってるつもりなんだけど

すべて君には言い訳にしか聞こえないみたい

今のままでは二人の仲は冷え切ってしまうかもしれない


臆病ないつかの僕に振り回されてるけど

今僕が君を抱きしめたら

多分違う明日がやってくるはず


こんな気持ちじゃいつかは君が三行半を突きつける


軽薄な誰かのウワサに惑わされてるけれど

今僕が君に出来ることは

多分些細なことでも


臆病ないつかの僕はこのさい蹴飛ばせばいい

今僕が君を抱きしめたら

きっと素晴らしい時が 違う明日が

やってくるはず

提供: うたまっぷ