歌詞

サマエルの記憶

山崎まさよし

作詞
山崎将義
作曲
山崎将義

その吐息のずっと奥にしたためた約束がある

途切れ途きれ 漏れる声が本音をうながしている


嘘や身勝手な理屈で互いを傷つけてても

愛しさと憎しみが混ざり合いながら

二人は抱き合ってしまう

時のいたずらで体に植え付けられた

逃れられない孤独を忘れるように


都合のいい涙に君はきれいな理由をつけて

知らず知らず 濡れた心によそ行きの服を纏う


君のその眼差しがいくら太陽を求めても


どこにも出口の無い闇を分かち合って

二人はもつれ合ってゆく

真昼のまぶしい光に引き剥がされた

遠い痛みの記憶を頼りにして


愛しさと憎しみが混ざり合いながら

二人は抱き合ってしまう

どこにも出口の無い闇を分かち合って

二人はもつれ合ってゆく

真昼のまぶしい光に引き剥がされた

遠い痛みの記憶を頼りにして

提供: うたまっぷ