歌詞

神様も知らない午後

山崎まさよし

作詞
山崎将義
作曲
山崎将義

神様も知らない午後 エンジンの音に包まれて

地平線に交わる道 ただ南へと走ってる


遠いあの日の君の声を思い出して


今僕を縛ってるもの 何か一つほどけたら

この日差しのように君に少しは優しくなれたのかも


イルカの様な雲が二つ寄り添って行くよ


煩わしい事全部捨て去るほど

どこまでも自由じゃないから

僕らは押し寄せる時の中で

一緒にいられる場所をずっと探してた


さびたレールの上には高圧線が続いてる

誰かの交わした約束 どこかの街に着いたろうか


木々を揺らす風は君の言葉を運ぶ

僕らがずっと探してた場所は

遠い空に消えてったけど

退屈な景色が君といた

淡く切ない日々を教えてくれてる


神様も知らない午後

自由と退屈の間

神様も知らない午後

南へと向かってる

提供: うたまっぷ