歌詞

重ねてく世界

BREATH

作詞
金築卓也
作曲
菊池一仁

午後の光が今日も胸を

通り過ぎてゆく

目覚めてみれば湖の上

君と浮かんでる


愛の歌が とぎれないように

あの空の向こうへ


胸に抱え込んでた想いを

僕のこの手で抱きよせてみるよ

だけど夜がまた訪れたなら

君の胸でねむらせて


傷つく度に深まってく

二人の絆と

同じ呼吸でこのリズムで

重ねてく世界


いつの日にか この想いが

君に刺さればいい


傷つけ合う度に増えてゆく

傷跡数えきれやしないけれど

すぐに消えてしまいそうな

君の声を抱きしめていたい


いつの日にか この痛みが

君に刺さればいい


胸に抱え込んでた想いを

ここからそっとつぶやいてみるよ

いつも上手に言えない言葉

聞いてよ ずっと側にいて


ずっと側にいて

だから そっとうなずいて

提供: うたまっぷ