歌詞

泣けない夜も 泣かない朝も

GARNET CROW

作詞
AZUKI 七
作曲
中村由利

無防備に求めることに線を引いた 愛しさだけなら

交叉しない価値観(おもい)すれ違う


今は未だ自分自身の決断(きめごと)に

従う様に生きている途中だから些細なことで

ユライデイルヨ


泣けない夜も 泣かない朝も

君がいない日々なら見知らぬ街で

果てない夜と儚い朝を

繰り返し生きてるって気にさせる


気紛れな会話の中 繋がりをいつも信じていた

薄れてゆく記憶ながめてた


人はただ気付かずに変わってゆくから

思い描く気持ちの行き着く果てさえわからずに

ナガレユク


泣けない夜も 泣かない朝も

もどかしさ抱えて悩んでるくらいが

色褪せてゆく時の終わりに

僕達は生きてるって気にさせる


ほら去りゆく日が 知らズ知らズ優しく…

be wander


泣けない夜も 泣かない朝も

幻と気付かず夢をみれたら

また墜ちてゆく眠りの中で

なんとなく生きれるって気にさせる

儚き願い 哀しき祈り

もどかしさ抱えて悩んでるくらいが

色褪せてゆく時の終わりに

僕達は生きているって気にさせる

終わるからこそ…愛しく…

提供: うたまっぷ