歌詞

青い月

wyolica

作詞
azumi
作曲
so-to

かなわない約束はすでに 空の青さにすべて忘れ

まぶしさに手をかざしながら 海へつなぐ明日がはじまる


からだを照らす陽射しは

君を想い出にかえてくれたけれど

少しだけ 波の響きに

心をゆだねて みつめて


太陽がまだ ふたりの恋のつづきを知っているなら

流れるままに変わる 涙色の雲より

心に触れた記憶だけ残して


帰らない夏を思うより 今 素足に感じる明日を

いつも聴いてた歌声さえ わたしの真実へと変わる


焼けた肌を風が通り抜けて

君の影がやさしさへ向かう

わたしのため息はどこへ向かえば

許してくれるの


太陽だけが ふたりの恋のつづきを知っていたなら

確かめあった あの日の甘い約束より

心に触れた記憶だけ残すの?


夏の終わりに沈む夕日に 君を感じて切なくなるなら

空と海の重なる場所で 淡い思いと舞い上がれ


本当はまだ 涙が残る胸に手をかざしてみたら

流れるままに染まる 涙色の雲より

心に触れた記憶だけ残った

提供: うたまっぷ