歌詞

sunrise,sunshine

SMAP

作詞
シライシ紗トリ
作曲
シライシ紗トリ

街に光が差し込み始める バスが音をたてて走り過ぎていく

通りの店がシャッターを開けて 鳥達がチラホラ話し始める

車の数が徐々に増えていき 帰る人 出かける人

またそれぞれの一日がそして同じように始まってく


掌から落ちてく 夢の数なんて山程ある

楽園なんて どこにもないよ それは

君次第であり 俺次第であり 世の中次第だもの


もっと抱かれてたい 他の何よりも

愛されたい 一瞬で消えてく泡のような 儚いぐらいの世界で

醒めない夢の中 一人歩いてはぶつかってまた恋をしては

ギザギザの心を満たそうとしてる

そしていつものように It's a Sunrise, Sunshine


突然の雨に君が笑いだす ボヤきながら奔り出す人々

雨はちっとも嫌いじゃないけど

いつもFlash Back思い出を誘う

傘の花びらが道を埋めつくし 急ぐ人 急がない人

またそれぞれの一日がそして同じように過ぎていくよ


心の奥底から 信じれるものなんて少ないけど

大切なものならば それは ここにもあるし

そこにもあるし どこにでも存在してる


もっと抱かれてたい 他の何よりも

愛されたい 一瞬で消えてく泡のような 儚いぐらいの世界で

醒めない夢の中 一人歩いてはぶつかってまた恋をしては

ギザギザの心を満たそうとしてる

そしていつものように It's a Sunrise, Sunshine


もっと抱かれてたい 他の何よりも

愛されたい 一瞬で消えてく泡のような 儚いぐらいの世界で


醒めない夢の中 一人歩いてはぶつかってまた恋をしては

ギザギザの心を満たそうとしてる

そしていつものように It's a Sunrise, Sunshine

提供: うたまっぷ