歌詞

金魚すくい

一青窈

作詞
一青窈
作曲
富田素弘

さらさ らいや 手のなるほうへ

さらさ らいや おいでおいで


えっちらとやったんしょ おっちらとやったんしょ

どちらとやったんしょ こちらとやったんしょ


多摩川の鳥居をくぐり抜け、お祭り。

ぼんやり重い空気 に ピンクの提灯

取り残されたよな感じの九月

かかとがちょい高くなった

あたしの形。


最中落とし 金魚すくいを

いつからかしら 、、、したいと思わない。


さらさらいや 手のなるほうへ

さらさらいや おいでおいで

さらさらいや どっちの水が

さらさらいや 甘い甘い


あのとき 袋の中の小さな金魚

あたしの人さし指だけ、が

支えてた。

おめでとうが欲しい まるで誕生日

いまは持ちきれない願い

で、

帰り路。


水をたんまり すくいあげては

何ものこらず 、、、君だけ想った。

提供: うたまっぷ