歌詞

さらばピニャコラーダ

Sound Schedule

作詞
大石昌良
作曲
大石昌良

落ちるとこまで落ちて物語

見あきた夢の続きはどこかに

にぎわう人の群れに皮肉をこめる


海辺では愛が行ったり来たり

これじゃまるでただの独り善がり

憂鬱な 午後の風に

たたずむ 砂浜


目の前よぎるものは

うらやむことばかり

なんてセンチなリズム

刻んで 波の音


見つめ合って ピニャコラーダ

夏の恋は気まぐれ まぐれ

故に愛を求めた 僕は一人

浮かぶ太陽はメラメラ

あられもない水着姿

麦わらのあの娘へ 涙ほろり


時に愛の試練はつきもの

運命の神は粋なくせもの

浮かれた人の群れに怒りを覚え


流れだす月日はダムのごとく

見失うあの日は脱兎のごとく

矢となり 槍となって

過ぎゆく 砂浜


夏よせめてもう一度

お目にかかれないか

なんてセンチなリズム

刻んで波の音


飲み明かして ピニャコラーダ

夏の恋はバラバラ まばら

わざとらしい季節の夜に燃えた

目の前には海原

汚れもなく 濡れた瞳

麦わらのあの娘へ はせる思い


浮かぶ太陽のカタワラ

身もふたもないままで ほら

別の愛を求めて ふらりふらり


見つめ合って ピニャコラーダ

夏の恋は気まぐれ まぐれ

故に愛を求めた 僕は一人

浮かぶ太陽はメラメラ

あられもない水着姿

麦わらのあの娘へ はせる思い

ふらりふらり 涙ほろり

提供: うたまっぷ