歌詞

青空へ

SABOTEN

作詞
KIYOSHI KAWAMATA
作曲
KIYOSHI KAWAMATA

天国の君が涙して

雨が降るとき

悲しむ人がいる

破れかけた靴を濡らし

音をたてて歩いた

水たまりに涙浮かべ

泥水の中写したダメな顔

どれくらいの風が吹けば

あるもの全て飛ばせるのかな


鳥になれない僕は

羽じゃないこの腕で

ありったけの力で

音を出すから


空が晴れたとき

季節はずれの花が咲いた

虹がかかるころ

音が歌に聞こえた


道に迷う猫が泣いた

踏み潰されて汚れた草も泣く

街の景色の涙には

ひと粒の訳があった


空が晴れたとき

季節はずれの花が咲いた

虹がかかるころ

音が歌に聞こえた

青の空へ

提供: うたまっぷ