歌詞

やぶれかぶれ

MUSHA×KUSHA

作詞
梅原江史
作曲
池田浩之

あこがれは捨てた いつも邪魔をして

何故か目の前を 塞ぐばかり


欲望の中には 仏さえ見えた

こんなものならば 何処にでも


遙か彼方へ 自分自身が

果たせなかったまま 約束は


空まで届くならば きっと星にもなれたのかも

今じゃもう やぶれかぶれ せめて 蛍みたいに


名前さえ聞かず 差し伸べたその手は

言葉よりも深い 嘘をつく


弱い誰かを見て 笑ってはいたけど

涙に気付く頃 遅過ぎた


ありふれていた 時間でさえも

そこにあればと 問い掛けて


傷跡でさえも全部 きっと誰かを待つのだろう

今じゃもう やぶれかぶれ 暮れて陽も沈み


空まで届くならば きっと星にもなれたのかも

今じゃもうやぶれかぶれ せめて 蛍みたいに


朽ち果てるまで 照らす 灯火よ

提供: うたまっぷ