歌詞

夢、青春。

the youth

作詞
Masatoshi Nakamura
作曲
Masatoshi Nakamura

それはまぎれもなく青春。

着飾った過去をつれて 拳に刻まれた傷や想いは 生きる証として

朝の光に目が眩み 失敗に恐れを覚えたり

勝者を見るたび悔しくて 強がって鼻で笑ったりした


支えてくれた大好きな歌が

今僕と夢をつないだのは確かで

単純な僕はいつの間にか過去を隠してた


枯れ果てた青春を泥だらけにして

この夢にこの瞬間に僕は賭けたんだ

だからひび割れた思い出を踏み台にでもして

手にしたい自由はこんなもんじゃない まだ始まりさえ見えてない


やがて恋をした あなたに伝えた

帰り道ではいつも歌って聞かせた

あの歌の意味は「この僕にすべてを賭けて」


結ばれた愛も恋も泥だらけにして

この夢にこの瞬間に僕は賭けたんだ

だから是が非でも叶えたい 神頼みでもして

今欲しい答えはここにはないけど まだ目の前に道は在る

提供: うたまっぷ