歌詞

12歳の衝動

the youth

作詞
Masatoshi Nakamura
作曲
Masatoshi Nakamura

捨て台詞 砂をかんだ夜 がむしゃらにただ立ち向かった

擦り切れた膝 泣き虫たちが ほらまた胸の辺りにこみ上げる


12歳の衝動は ただ単純に負けが嫌だった

しょうもないインチキなヒーローに 憧れたりして


飛べない鳥の干支を纏った僕が次の世代を任されたのです

12歳の衝動を忘れちゃいないさ 砂を噛んでも何度だって立ち向かいます


校庭の砂 風と踊るとき 外はまるで濁るパレードさ。

その中で吐く息は噎せる 飛べない烏が羽ばたいている


ボールを追いかける 僕らは単純に馬鹿だった

しょうもないインチキ遊びに すげぇマジだったりして


果たして僕らの夢は叶ったでしょうか だらしない若者と言われ続けて

夢見た果てに何一つこの手に掴んでない

情けない僕を許して


飛べない鳥の干支を纏った僕が 世代を任された以上

だから今こそ しまってたはずの衝動で立ち向かいます

提供: うたまっぷ