歌詞

Apple of My Eye

MILKRUN

作詞
MILKRUN
作曲
MILKRUN

1971年 ひとりのビートルが愛を謳った

それから変わらずに この世界は廻ってる


The masterpiece もってしても 歌は世界を救えない

けれどもこの心に 自由を教えてくれた


多くの出会いと別れの果てに

僕には何が残せるだろう…

この渇き癒す林檎のような

確かな愛を残せたなら

どんなちっぽけでも

僕はそのまま安らかに眠れるだろう


A friend of mine 君と夢半ばで別れてから

僕なりのやり方で それを掴もうとしました


喉が枯れるまで 歌い続けた

君にも声が届くだろうか…

多くの優しさに包まれて

確かな歌を残せたなら

どんなちっぽけでも

僕は生きてた証しを掴めるのだろう


地球の周期の ほんの一瞬で

君と出会って共に生きられたこと

僕は誇りに思う


多くの出会いと別れの果てに

僕には何が残せるだろう…

この渇き癒す林檎のような

確かな愛を残せたなら

どんなちっぽけでも

僕はそのまま安らかに眠れるだろう…眠れるだろう


2003年 今はもうビートルたちも半分だけ

それでもなすがままに この世界は廻ってく

提供: うたまっぷ