歌詞

すきま風

レミオロメン

作詞
藤巻亮太
作曲
藤巻亮太

寝れない夜 聴きすぎた曲が頭の中を濡らす

人恋しくって 白い壁紙に目が慣れてしまう


時計が回り 星屑のように降る

光の蛇口が 閉められる


すきま風 すきま風 忍び足 窓に月の灯りが

射し込んだ 射し込んだ 寝返りでベッドがきしんだ


寝れない夜 朝になりゃそれだけで楽になれるのに

乾かないまま横になった髪が まくらぬらす


時計が回り 星たちも凍える

夜更けの蛇口がひねられる


すきま風 すきま風 なびいた カーテンに月の灯りが

射し込んだ 射し込んだ 体丸めて 目を閉じる


のびすぎた爪が割れて 毛布の中絡まったんだ

長すぎる夜の中 車の音だけ響いた


すきま風 すきま風 なびいた カーテンに月の灯りが

射し込んだ 射し込んだ 足が暖まらなくて


すきま風 すきま風 忍び足 窓に月の灯りが

射し込んだ 射し込んだ 寝返りでベッドがきしんだ

すきま風 すきま風 冷えこんだ部屋に月の灯りが

射し込んだ 射し込んだ 体丸めて 目を閉じる

提供: うたまっぷ