歌詞

まめ電球

レミオロメン

作詞
藤巻亮太
作曲
藤巻亮太

アー まめ電球ほどの灯りがあればいい

日々そこに照らされるものだけあれば

あれもこれも魅力的できりがないんだけど

欲ばっても価値はないと祖父は言う


広い地球の片隅で


人がうじゃうじゃうじゃ入ったり抜けたり

かすったり眺めたり何がみつかりそうですか?


僕はここ 照らせ まめ電球


あなたまで あなたまで 届く灯りならば それだけでかまわない

結局はさ 1人じゃさ 寂しくなってしまう

さぁ 手を握ろう


アー まめ電球ほどの灯りがあればいい

フィラメントの熱を感じるだけで


もしもこの先 見失ったら

僕の隣に何があるのか

灯り照らすための道しるべ


手探り まさぐり 未来はどっちですか?

行き止まり 立ち止まりで 人の温もりに触れる


僕等ここ 照らせ まめ電球


あなたまで あなたまで 届く灯りならば それだけでかまわない

結局はさ 1人じゃさ 寂しくなってしまう

分け合いたいのよ

いてくれて 有り難うね その気持ちだけで たくさん救われたよ

結局はさ 1人じゃさ つまらなくなってしまう

さぁ 手を握ろう

提供: うたまっぷ