歌詞

悪い夢

PAN

作詞
川端彰
作曲
後藤秀一

一度は底に腰がついた もう届かない白い光

三日ともたぬ我慢強さ 自ら憎んでた

ちょっとだけならと言いきかし もう戻らない金と自分

人の金に手を出す奴を 死ぬ程見てきたわ


息抜き、付合い、欲望、 大好き


また明日と声をかけられ また明日じゃないまた明日

また明日はまたまた明日 明日はまた明日


絶対勝つと奮い立たせ勢い任せ道を選び

昨日とは違う風が 吹くと自分だけ信じてた

勢いづいたその体は迸る汗ものみこんで

ある物なんでもかんでもつぎ込んで右から左へ消えた

ふんばる力そこで途絶え 丸ごとそこにのみこまれて

奈落の底に突き落とされ

叩き付けられていた 叩き付けられていた

悪い夢から覚めた 寝汗かきすぎていた

提供: うたまっぷ