歌詞

反青春宣言

THE LILAC

作詞
小川敦也
作曲
小川敦也

こめかみの奥で 鳴り響いた言葉

逆流する胸が それが最初だった


黒い砂の上を 夕焼けが染めてく

血の色によく似た 情熱の赤さで


希望とか夢とか愛とか 決して綺麗なだけじゃなくて

苛立ちとか悲しみが 不死身の花を咲かせる


反青春衝動 西の果てに何がある

ひとりでもゆく 坂道をゆく 向かう場所がある


同じ星の上の 風の強い場所へ

胸の奥の奥へ 青い旗を立てる


黒い砂の群れを はぐれ流れて星が行く

銀河系の彼方 境界線の果て


希望とか夢とか愛とか 決して綺麗なもんじゃなくて

苛立ちとか悲しみが 不死身の花を咲かせる


反青春少年 失われた心が

ひとりでもゆく 暗闇をゆく 向かう場所がある


希望とか夢とか愛とか 決して綺麗なだけじゃなくて

苛立ちとか悲しみが 不死身の花を咲かせる


反青春衝動 西の果てに何がある

ひとりでもゆく 坂道をゆく 向かう場所がある


反青春少年 失われた心が

ひとりでもゆく 暗闇をゆく 向かう場所がある


向かう場所がある

提供: うたまっぷ