歌詞

夜の盗飛行

THE LILAC

作詞
柴田達矢
作曲
柴田達矢

見えなくなりかけた凶弾の行く先は

ひとりぼっちになった月に住んでいるウサギのふもと


砂流の防空壕 飛び出した心の声

誰もたどり着かないこの世界の果て 捨てたふたつの星


深海の底の底 涙は先端を撃つ

生きてることはとても素晴らしいなと思ったのは昨日


ドキドキが夜に目を覚ます 時代が変わりかけた夜だ

さぁ行こう 悲しい歌は僕らもう聞きあきた


夜の盗飛行 衝動を盗みに行く

十分悲しんだ ほどよく楽しんだ そんなもんだろう

夜の盗飛行 僕の好きだった歌を

聞いた時はちょっとだけ僕のこと 思い出してくれよ


もう夕暮れになって 月が向かってくるから

心臓に希望を突き刺して 涙をポケットにしまった


ドキドキが夜に暴れだす 時代は変わっちまったんだ

さぁ行こう 悲しい歌は僕らもう聞きあきた


夜の盗飛行 衝動を盗みに行く

十分悲しんだ ほどよく楽しんだ そんなもんだろう

夜の盗飛行 僕の好きだった歌を

聞いた時はちょっとだけ僕のこと 思い出してくれよ


涙のあとには何があるのかなんて 僕らは知っている

提供: うたまっぷ