歌詞

切符

YOUTH26

作詞
青木祐之
作曲
青木祐之

涙ふいて見上げた夜空

願いかける星さえもない

夜のベンチに腰をおろし

君の町へ口笛ふいた


君の胸に響いてる

音になりたい 音になりたい


通りすぎてく 心の列車

僕はただ ただ ながめてるだけ

強く 握り しめてたのは

どこへも 行けない 切符


冬の風が頬にふれて

胸の奥で痛んで消えた

夜のベンチは冷たすぎて

悲しみがこぼれおちそう


君の胸に届くかな

僕の声が 僕の歌が

提供: うたまっぷ