歌詞

生命賛歌

エレファントカシマシ

作詞
宮本浩次
作曲
宮本浩次

そいつは立ってた。 そして 突然現れた。

「オマエハナンダ? ココハドコダ?」吃驚したぜ。

風が吹いてた。荒野の感じがした。におい立つ

真夏の草の果てにある オマエは正しく、ウチュウ。


ヒトの歴史または情け以上。

暴力とずる賢こさのたどった栄華の極致。

世俗の信仰の権化ゆえに ヒトハダノニホイ渦まいて

俺・逃げ出した、何して馬鹿だね。結局俺、オドルんだ。


ひょうろく玉のドタマブッ飛ぶトチの愛。

オレは突っ立って 泣いた。 太陽がおちてヒトカゲ無くて

遠くで鳴ってる 生活の音が

人口の多い、この国の俺を彼方へ飛ばす。

「オマエ・デッケェナ。」


オレがミツメテるのはバケモノと決まった!!

オレ、オマエのまわり恐る恐る辿ってまわってまわった。

「オ・レ・ニ・チ・カ・ラ・ヲ」「オ・レ・ニ・ュ・ウ・キ・ヲ」

あ~あ、馬鹿馬鹿しいね、オレ 祈ってら


恐らくは日本人と呼ばれる以前の死に絶えしヒトビトの

祈り有りて、オンボロの想いを乗せた"インテリジェンス"

の亡霊を、オマエ嘲笑う。 精一杯の

ヒトの生命賛歌を。


ひょうろく玉のドタマブッ飛ぶトチの愛。

オレは突っ立って泣いた。


恐らくは日本人と呼ばれる以前の祈り有りて、

オンボロの想いを乗せた現代人の、生命賛歌よ。

セイメイサンカヨ。

提供: うたまっぷ