歌詞

夜空

JINDOU

作詞
宮下昌也
作曲
宮下昌也/宮下浩司

たった今君は 空へ飛立った

7番ゲート ゴムの焼けたにおい

僕はただ手を振るだけで 頭の中が真っ白さ

ポケットの中 握ったままの手紙


遠くへ 遠くへ 離れて行く陽炎 無力な僕がいる


La La La 逢いたいよ 想い出になど カケラもしたくない

La La La 逢いたくて 世界地図にも載ってない場所

君を探してる


路地裏に投げ捨てられた アルミの缶を蹴っ飛ばす

想い出の日々 懐かしい声がする


いつもと同じ 何も変わらぬ景色 君がいないだけ


La La La 逢いたいよ 想い出になど カケラもしたくない

La La La 逢いたくて 行くあても無く 彷徨うばかり

君を探してる


無限の宇宙 輝く星は無数 そして俺はこの場所に立つ

何億万分の一の偶然の中 君を知った

そんな奇跡に感謝とは裏腹 俺は何もできなかった自分に後悔

君はもういない 空に告白 七日経った夜


立ち止まり見上げる夜空の下 また夢の中 幾度と見た

その意味 一人になるたびに 忘れられない日々

そう 今にも崩れそうな表情 悲しみに耐えられない感情

『会いたい』ただその一言 だからもう一度 もう一度


La La La 逢いたいよ 粉雪の舞う いつもの交差点

La La La 逢いたくて 世界地図にも載ってない場所

君を探してる

提供: うたまっぷ