歌詞

なごり雪

JINDOU

作詞
伊勢正三
作曲
伊勢正三

汽車を待つ君の横で 僕は時計を気にしてる

季節外れの 雪が降ってる

東京で見る雪はこれが最後ねと 寂しそうに君がつぶやく


なごり雪も降る時を知り ふざけすぎた季節の後で


今春が来て君はキレイになった 去年よりずっとキレイになった


動きだしたTRAIN ゆっくりと発車

なごり雪の降る空の真下

駅のプラットホーム 時間通りに

別れを告げる鐘響きわたった

ガラス窓の向こうから

君は何かを言いたそうにしているような

その唇が『サヨナラ』と動くことが怖くて下を向いた


時がゆけば幼い君も 大人になると気付かないまま


今春が来て君はキレイになった 去年よりずっとキレイになった


君との想い出は 雪と共に溶けて春の大地に

そう 寂しさも溶かすように

儚い日差し 青春の日々


君が去ったホームに残り 落ちては溶ける雪を見ていた


今春が来て君はキレイになった 去年よりずっとキレイになった


今春が来て君はキレイになった

去年よりずっとキレイになった

キレイになった

提供: うたまっぷ