歌詞

フェニックス

山下達郎

作詞
山下達郎
作曲
山下達郎

過ぎて行く季節を

何度も追いかけて

時に埋もれ

いつか君は

瞳を閉ざした


かじかんだ心を

あたためてあげるよ

どんな夜も

忘れないで

僕等はいつでも

一緒さ


あの風の中で

永遠を浴びて

生まれ変わる

小さな鳥のように

僕等の想いも

いつかよみがえる

フェニックス

今 こだまが聞こえた


ずっと夢を見てる

君と同じ夢を

こわれかけた

この世界が

再び目覚める

その日まで


涙をこらえて

くちびるを噛んで

いくつもの嵐を

踏み止めながら

僕等は未来へ

歩いて行くんだ

フェニックス

今 静寂がふるえた


SHINE

まだ見ぬオーロラへ

太陽の待つオゾンへ

続くよ…


どんな夜も

忘れないで

僕等はいつでも

一緒さ


燃える炎の中で

その身を焦がして

生まれ変わる

小さな鳥のように

僕等の想いも

きっとよみがえる

フェニックス

ほら 誰かが笑った


宙の彼方から

光が差し込む

新しい命が

また生まれ出る

ひとりじゃないんだ

みんなそばにいる

フェニックス

今 こだまが聞こえた


フェニックス

今 静寂がふるえた


フェニックス

ほら 誰かが笑った


フェニックス

ほら…

提供: うたまっぷ