歌詞

バカンスの恋

BON-BON BLANCO

作詞
PANINARO 30
作曲
Kohsuke Oshima

Coppertoneの甘い香りが 滲み込んだ熱いビーチボール

転がって笑う君は友達のDarling 夏休み最後の島

どこまでもオシャレなみんな 急にセクシー水着のカメレオン


眩しい二人の影に 私ひっそりサンセット


好きになっちゃイケナイ恋なんて

ナイはずなのに 絡まってく気持ち

太陽が舞い降りたみたいな君の瞳

一人占めしてる彼女の髪 光り輝くSeason

やってらんない、もうI don't want to lie myself any more


冷たい夜の砂浜 君と肩を寄せたら

湿気っていた花火に 火がついたMoon light

幾つものチャンスの欠片 握りしめすぎて泡沫

ハジケる輪の中で 踊るアマノジャク


都会じゃ見えない流星に ハートがこんなにバージン


ねえ どうして真夏の恋は

心が先に焼けてしまうのかな

潮風が早熟な身体をすり抜けて 胸の奥しみる

素顔のまま 波も煌めくOcean

還りたい還れない…


めぐる季節なんかに惑わされないくらいのFall in love

見つけにゆこう さぁ全部脱いで

カッコなんていいじゃないIt's show time


好きになっちゃイケナイ恋なんて

ナイはずだから 高まってく気持ち

風を切って船が走ったら 臆病な私 置き去りにしてく

涙の色 変わり始めたSeason 止めらんない、もう


good-bye my love & season

バカンスの恋は 永遠にプロローグ

提供: うたまっぷ