歌詞

夏が来る、そして・・・

大黒摩季

作詞
Ohguro Maki
作曲
OHGURO MAKI

今年も眩しい夏が来る

ほのかな期待を乗せて来る

あれから10年経ったけど

暮らしも名字も変わらずに


仕事に懸けても先はない

わかってても他に拠り所もない

出会いを求めて彷徨えば

友達ばかりが増えたけど


いいの


必ずいるの

私に合う人が

その日が来るまでは

有り余るこの自由を

楽しむの


ラ~ララ~

ラララララ~

ラ~ また夏が来る

締めた途端に流れ星は降って来る


少し地味だけど

白馬もないけれど

温かく優しい ほのかな愛をくれる人


ほろり揺れて哀愁の 女王様


バツイチ・バツ二は当たり前

何にもないと深読みされて

貰ったブーケは数知れず

払った御祝儀は底知れず


男はみんな甘えたがり

そのくせ俺色に染めたがり

悩み苦しんだ20代

行き着くところ自分次第


なんて考え過ぎずに

気持ちのままHしたら

ギンギラの情婦扱い

まだ本気出してないのに…

そうじゃなくて…


ア~ララ~

ラララララ~

ラ~ ふいに夏は来る

寒い冬を越えてぞくぞく戻って来る


裸足の王子様

ハダカのお嬢様

エステのローンは残ってるけど

すべては無駄じゃなかったのね


逆転勝利か?! 女王様


ラ~ララ~

ラララララ~

もうすぐ夏が来る

誰もが羨むようなハッピーエンドが持っている


心を塗り替えて

人目も笑い飛ばして

ここまでねばったんだから本当に来てくれなきゃ困る


恋の数だけ


涙の数だけ


最後に笑うのは… ワ・タ・シ!!

提供: うたまっぷ