歌詞

桜島

長渕剛

作詞
長渕剛
作曲
長渕剛

錦江湾に陽が沈み

海が赤く血の色に燃え始める

照りかえす雲は紫に染まり

鋭んがったまんまでモクモクと息をしてる


俺は桟橋から

桜島フェリーに乗り

山よ、岩肌よ、ゴツゴツのおまえ

貴様の前に立つ


燃えて上がるはオハラハー桜島

丸に十の字の帆を立て薩摩の風が吹く


立ち昇る煙が天空を突き刺し

情熱の血液が俺のからだを走りかけめぐる


錦江湾に陽が昇り

命の雫が金色に燃え始める

水平線から無言の息吹よ

薩州薩摩の荒くれ俺らぼっけ者(もん)


俺は桟橋から

桜島フェリーに乗り

山よ、岩肌よ、ゴツゴツのおまえ

貴様にいだかれ俺は眠る


燃えて上がるはオハラハー桜島

丸に十の字の帆を立て薩摩の風が吹く


歴史の雨に、風に、嵐に、雷雨に打たれ

なおもいどみかかる島よ、岩肌よ、情熱の顔(つら)を出す

提供: うたまっぷ