歌詞

Security

山崎まさよし

作詞
山崎将義
作曲
山崎将義

僕らは2人でいることにもはや慣れ過ぎてて

肌が合うという漠然とした理由だけで抱き合って

同じ景色同じ場所そんなことだけで安心をして

アタリサワリノない言葉で傷付くのを避けてる


ふたりの微熱がゆっくりと冷めるころ

交わした言葉が偽りに変わりそうだね


そんないい加減な態度じゃ駄目 信じられない

ねぇそんな生半可な返事じゃヤダ 気が気じゃない

容易くほどけないSecurityを


お互いつま先まで分かりあってるつもりでも

誰かと比べて大丈夫なんてどうしても思えない


悲しいニュースが僕らを無口にさせて

絡み付いてくる不安を拭いきれないんだね


そんなありきたりな約束じゃ駄目 埒が明かない

ねぇそんな紛らわしいサインなんかじゃ見分けられない

僕にしかほどけないSecurityを


カーテンの奥のささやかな秘め事も

気付かない間に誰かに引き裂かれちゃうんだね


そんないい加減な態度じゃ駄目 信じられない

ねぇそんな生半可な返事じゃヤダ 気が気じゃない

ねぇそんな紛らわしいサインなんかじゃ見分けられない

僕にしかほどけないSecurityを

提供: うたまっぷ