歌詞

HO・LA HO・RI Saga

上野洋子・伊藤真澄

作詞
畑亜貴
作曲
伊藤真澄

ころころ木の実なら ころころり

なんのせいなの? ころりころりと

森の木の実たちは キミの手に

ころりころころ ころりころころ


Tururu Reeya おいでよみんなあそぼう

Tururu Reeya せつない星をぴかりみがけ

Tururu Reeya こころに星がささやく


「ほら未来だって 過ぎたあとなつかしいはずさ」


ゆらゆら猫の耳 ゆらゆらり

なんてちいさな まんぞくなんだ

森の木の実たちを 食べましょう

ころりころころ 食べてまんぞく


Tururu Reeya 明日もずっとあそぼう

Tururu Reeya さみしい風はびゅうときえた

Tururu Reeya とおくに風はきえたよ


「ほら未来だって どこにだって飛んでくよ」


どうしてなみだの海は

きらきら鏡のように

太陽までおいかけて

誰かにほほえんでいるのだろう?


(Ho-la ura ho-ri horiro Ho-la urara)

いいねこんども ころころだっけ

(Ho-la ura ho-ri horiro Ho-la urara)

そうだなんども ゆらゆらだった


Tururu Reeya 明日もずっとあそぼう

Tururu Reeya さみしい風はびゅうときえた

Tururu Reeya とおくに風はきえたよ


この世界だってきれいだって

なつかしくなるから


ほんとうにたのしいね(Ho-ri Ho-ri たのしいね)

ほんとうにうれしいね(Ho-ri Ho-ri うれしいね)

Tururu Reeya あそぼうよ(Turara Reeya あいたいね)

Tururu Reeya みんなでね(Turara Reeya あいたいね)

提供: うたまっぷ