歌詞

大地のla-li-la

上野洋子・伊藤真澄

作詞
畑亜貴
作曲
上野洋子

静かなる雨の恵み降る(降る)

まだ遥か 遥か遠い地に

待ってる誰かに この愛の雫


ふれてみる頬に朝の風が吹く(頬には)

いま何を 何を感じたの?(何かを?)

確かな意味を持つ(全てより)

ただひとつの空まで


追いかける雲の影に立ちどまり

見つめたい 心の旅

どこまでも どこまでも

懐かしい声にいつかめぐりあう


alainn la-li-la


やがて船は走る 走る

(船はね どこまで 未知なる 海の果て)

そう、広い世界を信じて

君は彼方へ

そして未来へ


友の手に手を重ね想う(手に)

ほらいつか いつかまた会える

大きな笑顔が まぶたを揺らして


鼓動より熱く涙こぼれ落ち(涙よ)

いま誰を 誰を呼んでるの?(どうして?)

ひそかな目の中の(秘めた色)

無垢な青の空から


果てしない荒野さえも越えた日に

響き合う明日の調べ

いつまでも いつまでも

喜びの糸はカノン紡ぎ出す

alainn la-li-la

時の船は走る 走る

(船はね いつまで 帆を張り 何処へと)

地図にない大地を信じた

君の勇気は

夢の未来へ

提供: うたまっぷ