歌詞

悲しみは天に還して

堀江美都子

作詞
円谷一美
作曲
円谷一美

雨に 雨に 翔ぶ蝶が

ぼくに ぼくに 教えるよ

未来という名の

女神が棲む場所

きみがあの日さしだした

戯れかけたオルゴール

とぎれとぎれの言葉で

ぼくにうたってた

静かな海の底まで

届くような光

いつも心に抱いていてと

胸に響くきみの声

確かな明かりを灯すから

明日へ愛をつないで行く旅

すべては生きるべき場所へ


高く剣をふりかざし

誰のために闘うの?

強さと弱さを

この瞳に隠して

青く蝶は舞い上がり

美しさだけを誇るよう

醜い人の間を

そっとすり抜ける

夢を浮力に変えたら

もっと高く飛べる

朝の光に闇を消して

銀の月が問いかける

これからどこへと向かうのか

地図はいつも未来をさしてる


弱い心につきささる

あったかな刃はきみの愛

どうかぼくを導く力に

すべては生きるべき場所へ

提供: うたまっぷ