歌詞

君の名前を呼んだ後に

槇原敬之

作詞
槇原敬之
作曲
槇原敬之

寂れた駅の看板は

初めて見る名前が書いてある

紙コップのコーヒーは

全くどこで飲んでもこんなにまずいんだろう

大切なものは遠くにあると

勝手に決めつけて僕は今ここにいる

君は世界に一人しかいなくて

これから帰る街にいるのに


君に早く会いたいよ

どんな言葉でもかまわない

僕の名前を呼んだその後に

君が何をいうのか今すぐ聞きたい


今日も元気でいるだろうか

僕がいなくて困っていることはないかな

いないのも悪くないのかもと

思ったりしていないかな


はやく戻ってくるのを

君が楽しみにしてるって

胸を張って今想えないほど僕は

君が側にいることを当たり前に感じてた


この指先の温もりを誰かにも

わけたいと作られたのなら

紙コップのコーヒーも

悪くないと思えた


君に早く会いたいよ

早く会いたいよ 会いたいよ

君の名前を呼んだその後に

いつも側にいてくれてありがとうと言うよ

提供: うたまっぷ