歌詞

優等生

スガシカオ

作詞
スガシカオ
作曲
スガシカオ

君みたいな優等生は白がよく似合う

洗いたての白いシャツと笑顔がすごく似合う

まるで大衆誌のグラビアみたいに…

ぼくがそんな君のシャツをよごしてしまったら

エリやムネに汚いものをこぼしてしまったら

すこし黄色い ドロのような色で…


ゆるしてくれるよね?

優等生に不機嫌な顔は似合わない

君にふさわしいのは

夏の空と白い雲のようなLove Song


君はきっと素敵な彼がいるに決まっている

手をつないで犬の散歩をしているに決まっている

ぼくが見たこともない笑顔で…

ぼくはそんな君の顔がゆがんでしまうところ

君の口がキタナイ言葉さけんでるところ

見てみたいんだ、メチャクチャにしたいんだ


悲しい顔はしないで

優等生の涙は あまり好きじゃない

君にふさわしいのは

真冬のあたたかいココアみたいなSweet Smile


やさしく笑っていて

優等生じゃない君に なんの魅力もない

まっ白なシャツが

汚されたとしても 剥がされたとしても…

提供: うたまっぷ