歌詞

一九八五

鴨川

作詞
目崎清虎
作曲
目崎清虎

一匹二匹三匹と数えても眠れない夜は

いくら答を探してみても気がつけばそこに朝が来る


I went a way

ほら午後の雨上がり

この未来 さぁキラリになり


寒空の下 オリオン座を見上げてたあの頃は

戻らないもう戻らない巡り巡るこの世界で

眼を閉じて描いてた 確かに見た景色に

良く似てた色を見た 冬の日の帰り道


どんなにここで叫んでも意味は

在るのか無いのか解らないけれど

すべては変わる何時だって自由

何か信じれたらいいのにな 傍にある幻想


星降る夜 手を広げ向かえた希望の船に

未来への手紙乗せた 子供の頃の世界へ

目を閉じて描くたび 確かに見えた光に

良く似てた星座を見た 冬の日の帰り道

提供: うたまっぷ