歌詞

青春時代

GOING STEADY

作詞
ミネタカズノブ
作曲
ミネタカズノブ

桜咲く放課後に初恋の風がスカートを揺らす

カビ臭い体育倉庫にセックスの後の汗がこびりつく

大地讃頌が流れるグラウンドに初戦で負けた野球部の涙が詰まっている

あああ僕はなにかやらかしてみたい

そんなひとときを青春時代と呼ぶのだろう


可愛くて憧れだったあの娘が今じゃあ歌舞伎町で風俗嬢だとよ

PKを決めて英雄だったアイツが今じゃあちっちゃな町の郵便屋さんさ

とても幸せなはずなのに なんだか なんでか涙が出るよ

あああ僕はなにかやらかしてみたい

そんなひとときを青春時代と呼ぶのだろう


僕等はいずれいなくなる 一人一人ずつ星になる

わかっちゃいるさ 知らねえさ 今はただ此処で笑ってたいだけさ

大人が死ぬまであと25年 僕等が死ぬまであと50年

あああ僕はなにかやらかしてみたい

そんなひとときを青春時代と呼ぶのだろう


僕等はいずれいなくなる 一人一人ずつ星になる

わかってるよそんな事ァ 知らねえよそんな事ァ 今はただ此処で笑ってたいだけさ

大人が死ぬまであと半年か 僕等が死ぬまであと1日か

あああ僕はなにかやらかしてみたい

そんなひとときを青春時代と呼ぶのだろう


俺の魂は 俺の魂が 俺の魂で 俺の魂なのさ

嘘ついてでたらめこいて それでも自分には正直なのさ

誰かと付き合って 別れて傷ついて 歌を歌って また好きになる

あああ僕はなにかやらかしてみたい

そんなひとときを青春時代と呼ぶのだろう


とても悲しい時だってあるのに なんだか なんでか笑顔みせるよ

あああ君と会えて本当に良かった

そんな僕等を青春時代はつつむだろう

青春時代はつつむのだろう

提供: うたまっぷ