歌詞

Summer Calling

小泉今日子

作詞
BIKKE
作曲
高野寛

黄昏れる 町かど

誰かを 待つ影は

焼けた 肌をさらし

風にもたれかかる

一人


焼けた まなざしから

波の音 高鳴り

ざわめく町も 消えてく

私を呼ぶ声がするの


真夏の瞳から

あの日の光射し

あなた待つ私に

届けてよ

届けてよ


焼けた影が伸びて

静かに消えてゆく

あなたの足音さえも

誰かを呼ぶ声も

消えた


真夏の瞳から

あなたを誘いだし

さざなむ波の音

抱きしめて

泣きたいの


真夏の輝きが

波にさらわれても

一人待つ瞳に

届けてよ

届けてよ


あなたを呼ぶ声が

聞こえているのでしょ?

あなたを呼ぶ声が

答えなの

答えなの

提供: うたまっぷ