歌詞

さあ行こう

HY

作詞
TUN
作曲
TUN

この世界中で一番 あなたのことが好きなの

そばにいて そばにいて胸の鼓動が聞こえるくらい

この想いを あなたの腕の中で抱きしめて

破れることが無いように そっと包み込む様に


時は流れ出会いと別れは繰り返し進み

気がつけば ほら月の明かりが.

全てを照らす 僕らを照らす


限りなく繰り返す出会いと別れが

恋を演じる

切なくて 会いたくて

裸足のままで家を飛び出す

錆ついた思いは 時間と共に

かき消されてく

全てを受け止めて

今すぐそこに行くから


日が経つごとに想いは募り

いつも通り友に夢物語を語り

風に揺られながら一人 海辺を歩くeveryday everynight

今すぐに君に会いに行こう

そしてこの気持ちを伝えに行こう

形のない愛に限りはなく

君への思いも果てしなく


星空の下で歌う歌は 風に吹かれ遙か彼方へ

行くあてのない 届くはずもない

この想いは空を彷徨う

ひたすら歌い続け 紛らわせる想いのちに

また歌となり

それがまた 今日のストーリーとなり

君への想いが強くなる

今、君は何をしてるんだい?君への気持ちが届いたらなぁ!

だから今日も夜空の下で

この歌を この気持ちを


町中を飾る鮮やかなライト

皆それぞれの恋を歩むナイト

街道人込みかき分け急がないと 君のもとへ

特別な日を特別な場所で

君と二人手をつないだままで 離さないで

優しい温もり逃がさないで

二人だけのone day


さあ 行こう この果てしなき道を君と二人

月の明かりが照らし出し 道なき道を照らし出す

彼方へ 遥か彼方まで


時は流れ出会いと別れは繰り返し進み

気がつけば ほら月の明かりが

全てを照らす 僕らを照らす


さあ 行こう この果てしなき道を君と二人

月の明かりが照らし出し 道なき道を照らし出す

彼方へ 遙か彼方まで


さあ 行こう この果てしなき道を君と二人

月の明かりが照らし出し 道なき道を照らし出す

彼方へ 遙か彼方まで


さあ 行こう


この世界中で一番 あなたのことが好きなの...

提供: うたまっぷ