歌詞

In The Rhythm

SING LIKE TALKING

作詞
C.Fujita
作曲
Chikuzen

他人を羨ましがって

浸るのは優越感で

それは特別じゃないけれど

較べてホットしてるなんて

朧月みたいな脅え 視線で姿を替える

至らなくても 歯痒くても

そう 実感なんだ かまうもんか

きょうという日を取り繕ったら

もう 存在なんていえない さ


I can feel the truth in rhythm

Without it life is not worth being

この心臓の鼓動は ぼくの rhythm

Wanna seek it out in lifetime

So I can soar to the higher ground

風の流れさえ 起こせるもの


周辺を整えても

足がついていってはないし

中身の薄い贅沢さ

転びそうでも 止まりそうでも

そう 現状なんだ 仕方ないさ

鐘は徐々に増やせばいいんだし

どうせ 最初は裸なんだ


I can feel the truth in rhythm

Without it life is not worth being

速さや歩幅も ぼくの rhythm

Wanna seek it out in lifetime

So I can soar to the higher ground

雲の色ださえ 染められる よ


耳を澄ましたとき 響いてるのは

いとおしい いのちのうた さ

提供: うたまっぷ