歌詞

明るい未来 ~シングルバージョン~

嘉門達夫

作詞
嘉門達夫/水戸華之介
作曲
嘉門達夫

我が家にはじめてカセットテープレコーダーが来た日 家族はお祭り騒ぎだった

それぞれの声を録音してみて なんて変な声なんだって笑った

テレビの歌番組録音する時は 息を殺してボタンを押した

だけど台所で母が洗い物 する音も入ったりした

カラーテレビがはじめて来た日は近所のみんなが集まった

電子レンジがやって来た日は卵を爆発させた


明るい未来を信じてた 豊かな時代を目指してた 希望があふれてた

すべてがキラキラ光ってた 平和が続くと思ってた あの日に帰りたい


~セリフ~


電話は玄関にあり黒いダイヤル式で フリルのカバーがかかってた

ついでにドアノブにもティッシュのケースにも おんなじようなカバーかかってた

校庭にのら犬が迷い込んで来て 給食の残りをやった

空き地にみんなで秘密基地を作って 日が暮れるまで帰らなかった

タバコ屋の店先にゃいつもおばあちゃん 習い事はソロバンに習字

朝の目覚めは牛乳配達のビンの音とスズメの声


明るい未来を信じてた 予想もつかないしあわせに 出逢うと思ってた

僕らはいったい いつどこで 何を忘れて来たんだろ あの日の夢を見る


~セリフ~


街に活気があり 父は毎朝 颯爽と会社に出掛けた

夕焼けの色や夕立ちのにおい 今よりもっと鮮やかだった


明るい未来の僕たちは 心のどっかが寂しくて 背中を丸めてる

ビルに隠れた夕焼けに 道路に染みる夕立ちに あの日をさがしてる


明るい未来を信じてた 豊かな時代を目指してた 希望があふれてた

すべてがキラキラ光ってた 平和が続くと思ってた あの日に帰りたい

提供: うたまっぷ