歌詞

島々清しゃ

夏川りみ

作詞
久米仁
作曲
普久原恒勇

島々清しゃや 「清しゃぬ」

城に御願所よ

前の田んぼによ 夕陽赤く燃えてよ

「サーユイヤサー」

畑で草焼く白い煙の 煙の清しゃよ


村々清しゃや「清しゃぬ」

福木に石垣よ

皆待ってたよ 夏の祭りすんでよ

「サーユイヤサー」

通た道々香しゃ九年母の 九年母の清しゃよ

「サーユイヤサー」「サーユイヤサー」九年母の清しゃよ


白浜清しゃや 「清しゃぬ」

朝凪ゆ凪よ

潮は満潮よ 磯で千鳥啼いてよ

「サーユイヤサー」

帰るサバニを招くアダンの アダンの清しゃよ


みやらび清しゃや「清しゃぬ」

紺地にミンサーよ

もつれもつれたよ 細い恋の糸によ

「サーユイヤサー」

ホロリと落した あつい涙の 涙の清しゃよ

「サーユイヤサー」「サーユイヤサー」涙の清しゃよ

提供: うたまっぷ