歌詞

同じ空の下で

キンモクセイ

作詞
伊藤俊吾
作曲
伊藤俊吾

高い所が好きなのは 今日が小さく見えるから

いつもの僕の街が地図のように 手のひらの上だけで動き出せる

君の家との距離なども 先を急ぐ車達も

ここから見るとなぜか可愛らしい 擦り切れた毎日も愛おしくなる


指切りと二人の秘密 誘い出すように

野良猫が走る


今も君は同じ空の下で どんな海とどんな目をしてるの

逢いに行くよ君の所へ

ラララ風の詩を伝って


おもいどおりの毎日は きっとどこかがつまらない

流れ星が来るのを待ち続ける そんな時間が僕等を変えてくれる


口笛は何処かの風を 連れる合言葉

同じ夢を見た


次の25日には二人して 夢と同じ景色を訪ねて

大切だときっと言えるよ

ラララ昔習った詩も


今も君は同じ空の下で どんな人とどんな目をしてるの

帰っておいで僕の所へ

ラララ口笛を詩にして ラララ風の詩を伝って

提供: うたまっぷ